【症例】愛知県在住の女性 漢方薬と栄養素で身体づくりを2年と8ヵ月行って、45歳で自然妊娠!

【症例】愛知県在住の女性 漢方薬と栄養素で身体づくりを2年と8ヵ月行って、45歳で自然妊娠! 漢方

 

年齢:45歳
住所:愛知県
身長:159cm
体重:49kg

この方は、平成18年34歳のときに結婚されました。

平成25年1月から不妊クリニックに通院なさっています。
これまでIVF(体外受精)採卵を4回行いましたが、そのうち採卵ができたのは2回のみ。

月経周期は27日、期間は4〜7日。

神経質で寝つきが悪いということでした。

また、御主人の精子は問題ありません。

経過

平成25年10月3日:漢方薬と栄養素の服用を開始(42歳)

平成26年6月4日 :IVFで採卵 2個凍結

平成26年7月31日・平成27年1月29日にET(胚移植)を行うも残念。

平成27年3月20日:IVFで採卵・凍結

    5月28日:自然妊娠できましたが、8週で流産

    9月16日:IVFで採卵

    10月5日:ET(胚移植)を行うも残念

平成28年6月10日:自然妊娠できる!

    6月17日:胎のう確認

    8月30日:妊娠16週

    12月12日:妊娠31週

平成29年2月10日:元気な男の子を出産!

この方は当店に来店される前は、IVFの採卵を4回行っても、卵子が採れたのは2回だけの状態でした。
漢方薬と栄養素を飲み、身体づくりを行うと、IVFの採卵で卵子が毎回採れるようになりましたが、移植をしても妊娠にはいたりませんでした。

2年ほど飲んでいただいたときに、自然妊娠されましたが、残念ながら流産。

そして、漢方薬と栄養素を飲み続けて2年と8ヵ月目で再び自然妊娠に成功!

今度は順調に胎児は成育し、元気な男の子を出産されました。

ご本人も、まさか自然に授かることができるなんてと、大変喜んでいらっしゃいました。

2017年5月の初めに、元気に100日を迎え、すくすくと育っていますとかわいい写真を送ってきてくださいました。
そして、一緒に「毎回の電話相談で励ましていただき『諦めたらおしまいだよ』の言葉に支えられ、夢だった我が子を授かることができました。本当にありがとうございました」との手紙をいただき、本当にこの仕事に携わって良かったとしみじみ喜びを噛み締めています。

35歳を過ぎると「高齢出産」となる

不妊症の定義は、「妊娠を希望して1年間夫婦生活を持っているにも関わらず、妊娠しない状態」とされています。

また、日本産婦人科学会では、満35歳を超えて初産を迎えることを「高齢出産」としていて、さらに、35歳を過ぎても自然妊娠することができなければ、「高齢不妊」ということになります。

年齢と不妊症は、密接な関係にあります。

 

私たち人間の身体機能は、年齢を重ねるごとに低下していきます。
身体機能の低下は、卵巣機能の低下にもつながります。

実は、35歳を境に、妊娠に必要な女性ホルモンの分泌量は急速に低下します。
38歳ではピーク時の半分まで減少、40歳を過ぎると著しく低下します。

ホルモンの分泌量が低下すると、老化卵子といって、力が衰えた状態の卵子が排出されるようになり、染色体異常が発生する確率も増加します。

卵子の力、つまり卵子の「質」が低下していくにつれて、着床や妊娠の継続が難しくなります。

私たちは何もしていなくても歳を取るように、卵子もまた、何もしなければ、衰えていく一方です。

卵子の老化スピードは個人差が大きいため、40歳以上の方でも、卵子の質が良くすぐに妊娠できたという方もいらっしゃいますし、若い方でも卵子の質が低下しているために、なかなか妊娠できないという方もいらっしゃいます。

さらに重要となるのが、女性の卵子の場合、数が限られている、ということです。
卵子は、卵巣内で新たに作られるということはありません。

つまり女性の卵子は、月経を迎えるたび体外に排出され、減少していきます。
年齢を重ねるということは、それだけ卵子を失うということ。

そして、残りわずかな卵子を確実に妊娠につなげたいと思っていても、卵子の質が低下している場合にはなかなか妊娠成立まで至りません。

高齢不妊の方は、「卵子の質」の向上を目指しましょう!

福神トシモリ薬局では高齢不妊の方の妊娠成功例がたくさんあります

漢方を服用する女性

不妊治療のゴールは妊娠ではなく出産です。

福神トシモリ薬局では、漢方薬と栄養素を服用していただくことで、出産に向けた「身体づくり」を行います。

当薬局では2004年1月1日から2017年5月31日までの間に、975名もの方が、漢方による身体づくりを行い、妊娠に成功しています。

 

 

その中でも、平成26年から28年の3年間の間での実績として、40歳以上の方が妊娠に成功された確率は42%(116人)にものぼります。

このデータからもわかるように、高齢不妊は決してめずらしいことではありません。

たくさんの方が漢方による、高齢不妊の治療を行ってきました。

福神トシモリ薬局での最高妊娠年齢は47歳で、この方は48歳で無事双子の赤ちゃんを初産で迎えています。

年齢とともに、身体の状態はどんどん変化していきます。
当薬局では不妊・子宝専門の薬剤師が綿密なカウンセリングを行うことで、変化する身体の機能に合わせ、おひとりおひとり異なる漢方を選定します。
高齢不妊の方の場合には、漢方の力で卵巣機能を若返らせ、質の良い卵子の成育を目指します。

妊娠をお考えの方は年齢にかかわらず、諦めずに身体づくりを行っていきましょう。
私たちといっしょに、妊娠・出産を目指しましょう!

※効果には個人差があり、効果を必ずしも保証するものではありません。

歳森 和明 / 薬剤師 - 国際中医専門員A級

薬剤師、国際中医師、笑顔セミナー認定講師。漢方薬局三代目。おだやかで大人しく見られがちですが、サーフィン、ダイビング、トライアスロンなど身体を動かすことや、食べ歩き・旅行が大好きなアクティブ人間です。SNS(Twitter、Facebook)で漢方や健康情報、勉強会情報を随時発信しています。