〔症例〕 ご主人の精子の前進率が低く、体外受精の移植5回行う。夫婦で漢方薬と栄養素を服用し、3ヶ月後人工授精で妊娠!

〔症例〕  ご主人の精子の前進率が低く、体外受精の移植5回行う。夫婦で漢方薬と栄養素を服用し、3ヶ月後人工授精で妊娠! 漢方

年令:43歳 住所:岡山市

身長:158cm 体重:53kg

H26年に結婚。(41歳)

H27年6月 体外受精1回目採卵。

H28年1月 体外受精2回目採卵。

いままでに移植は合計5回行う。

月経周期30日 月経期間5~6日

冷え性、肩こり。

H27年12/14  FSH7.5  LH3.4  AMH1.46ug/ml

H28年 1/26  精子 運動率16%  前進率1.4%  正常2.8%

〈経過〉

H28年2/20:漢方薬と栄養素による身体づくりを開始。 ご主人も精子の運動率を上げる漢方薬を服用。

5/30:人工授精を行う。 精子運動率53%  前進率34%

精子の運動率、前進率ともに飛躍的に上がる。

6/29:心拍確認。

H29 1/14:9ヶ月に入る。

2/22:元気な男の子を出産。

赤ちゃんの手この方は、体外受精の採卵を2回、移植を5回行うがダメでした。

身体の状態にあった漢方薬と栄養素で 身体作りをするとともに、ご主人も精子の前進率が悪いので、前進率を良くする漢方薬を服用していただきました。

そして、わずか3ヶ月後に人工授精を行い、妊娠に成功。

(母体の身体作りと精子の状態を良くすることで、体外受精ではなく、人工受精で妊娠することできました。)

精液所見の下限基準値  WHO精子ラボマニュアル5版(2010年)

精液量(ml)

1.5(1.4~1.7)

総精子数(x10⁶ )

39(33~46)

精子濃度(x10⁶ml)

15(12~16)

総運動率(%)

40(38~42)

前進運動率(%)

32(31~34)

正常精子形態率(%)

4(3.0~4.0)

精子生存率

58(55~63)

PH

7.2

※効果には個人差があり、効果を必ずしも保証するものではありません。

歳森 和明 / 薬剤師 - 国際中医専門員A級

薬剤師、国際中医師、笑顔セミナー認定講師。漢方薬局三代目。おだやかで大人しく見られがちですが、サーフィン、ダイビング、トライアスロンなど身体を動かすことや、食べ歩き・旅行が大好きなアクティブ人間です。SNS(Twitter、Facebook)で漢方や健康情報、勉強会情報を随時発信しています。