〔症例〕8回流産したが、漢方薬と栄養素で身体づくりをして、9回目の妊娠で現在妊娠18週で胎児は無事成育中。

〔症例〕8回流産したが、漢方薬と栄養素で身体づくりをして、9回目の妊娠で現在妊娠18週で胎児は無事成育中。 漢方

年令:43才 Oさん

住所:広島県

身長158cm  体重57kg 会社員

Oさんは平成28年11月21日に相談にご来店。

11月8日に7回目の妊娠が分かる。過去に6回流産。

今度は流産しない身体づくりがしたいと来店。

月経周期28日~31日。

冷え症で疲れ易い。

動悸のぼせあり。6回流産のうち、2回検査して1回染色体異常あり。
免疫が高いと言われている。

経過

H28年 11月21日:現在7回目の妊娠中で、流産を防ぐ身体づくりのため、Oさんの身体の状態にあった漢方薬と栄養素を服用

11月30日:流産(7回目)

H29年 4月8日:自然妊娠(8回目)→4/17心拍確認→5/2流産(8回目)

8月3日:自然妊娠(9回目)

9月30日:妊娠14週

10月31日:妊娠18週

漢方薬と栄養素で身体づくりをして、現在胎児は順調に成育中

漢方Oさんは、漢方薬と栄養素で身体づくりを始めて、9ヶ月後に9回目の妊娠をされ、現在胎児は順調に成育中です。

出産予定は平成30年3月末です。

流産には、
①染色体異常の卵子が着床して育つことが出来ない場合。

②胎盤に血栓を作りやすく、胎児を育むことが出来ない場合。

③それ以外で黄体機能が弱い場合があります。
この方は、黄体機能が弱く、すぐ下に降りそうになるので、この症状に良い漢方薬を飲んで頂きました。
現在、胎児が順調に安定して育つことが出来ています。
12週で胎盤は安定してきます。 もう大丈夫です。

あきらめずに、漢方薬と栄養素で良い卵と着床力のある身体作りをして、やっと妊娠が継続出来、今回は出産まで大丈夫だと思います。

あきらめずに身体作りを一緒に頑張りましょう!

※効果には個人差があり、効果を必ずしも保証するものではありません。

歳森 和明 / 薬剤師 - 国際中医専門員A級

薬剤師、国際中医師、笑顔セミナー認定講師。漢方薬局三代目。おだやかで大人しく見られがちですが、サーフィン、ダイビング、トライアスロンなど身体を動かすことや、食べ歩き・旅行が大好きなアクティブ人間です。SNS(Twitter、Facebook)で漢方や健康情報、勉強会情報を随時発信しています。