〔症例〕 岡山県在住の38才女性 体外受精 採卵6回したが、漢方薬と栄養素で身体作りをしたら自然妊娠!

〔症例〕  岡山県在住の38才女性 体外受精  採卵6回したが、漢方薬と栄養素で身体作りをしたら自然妊娠! 漢方

症例

年齢 38才、住所 岡山県

32才の時、結婚 162cm、53kg、主婦

H21年5月より不妊クリニックに通院

H21年11月流産(体外受精での妊娠)

今までに体外受精(採卵6回、移植7回)

子宮内膜症あり。

子宮筋腫の手術を2~3年前にする。

月経周期23日~30日、月経期間7日

疲れ易く、冷え症

精子(運動率  14.7%(正常50%以上))

       (前進率  7.1%(正常25%以上))

経過

H23年9月28日:良い卵と着床力のある身体作りをするため漢方薬・栄養素を服用

                           ご主人も精子の運動率を上げる漢方薬を服用

H24年1月19日:自然妊娠(心拍確認)

           3月31日:妊娠17週 順調

           9月9日:元気な女の子を出産

 

この方は、体外受精の採卵を6回、移植を7回するも子宝に恵まれませんでした。

漢方薬と栄養素で良い卵と着床力のある身体作りをし、またご主人も精子の運動率・前進率が低いため、漢方薬を飲んで頂き、服用から4ヶ月後に自然妊娠をすることができ、本人が一番びっくりしていました。

女性の身体作りも大切ですが、現在は男性側にも半分の原因があると言われています。

ストレス・疲労・飲酒・喫煙などによる精子の運動率・前進率の低下です。

卵子が受精・分割するには精子の質(受精能力)が大切です。

男性側も精子の質を上げる漢方薬を併用していくことも重要です。

※効果には個人差があり、効果を必ずしも保証するものではありません。

不妊の男性側の原因

①無精子症:精子が作られない

②精子減少症:精子の数が少ない

③精子無力症:精子に元気がない

不妊症

一般精液検査は、精液や精子の量的性状を示しているだけで、必ずしも精子の質的性状(受精能力)を直接、反映するものではないことに留意する。

日本産科産婦人科学会雑誌  Vol61. No6. N-189. 2009

AIHの適応

AIHを行うことにより子宮膣に多くの精子を注入できるが、精子の妊孕力(受精能力)が低いと、精子の数は十分であっても妊娠には結びつかない。

逆に原精子濃度が500万/ml未満でも精子の妊孕力が高い場合はAIHにより妊娠できる。

新版今日の不妊診療  医歯薬出版(株)

 

歳森 和明 / 薬剤師 - 国際中医専門員A級

薬剤師、国際中医師、笑顔セミナー認定講師。漢方薬局三代目。おだやかで大人しく見られがちですが、サーフィン、ダイビング、トライアスロンなど身体を動かすことや、食べ歩き・旅行が大好きなアクティブ人間です。SNS(Twitter、Facebook)で漢方や健康情報、勉強会情報を随時発信しています。